草生やす

育てていたりいなかったりする草のことについて書いたり書かなかったり。

2021年メモ_11_ポキートブランコ

2017年にタイのチャトチャック市場で購入したビルベルギア。 当時、タグには'Poquito Mas'と記載されていたが、 ペタルの中央が緑になることから'Poquito Blanco'が正解な気がする。 以前開花した際に'Poquito Mas'として紹介した記事は消しました。 ちなみ…

ヘクチア実生 その後 Vol.3

2013年に蒔いたヘクチアのその後について。 過去記事はこちら。 soutyu.hatenablog.com soutyu.hatenablog.com 当時はH. scariosaとして種を入手したが、現在はH. texensisになったらしい。 実生から2株が大きくなったが、鋸歯の付き方や葉のカールの度合い…

dp2x

今年の3月にsigmaのdp2xを買った、中古で、今更。 使いにくいと聞いていたが、本当に使いにくい。 それでも、たまに、いい感じに撮れるので買うてよかったです。 カタクリ 多肉の何か 雑木林 檻 Iris tectorum 猫 サンシャイン シグマ SIGMA dp0 コンパクト…

2021年メモ_10_フェニックス

"Phoenix” twitterのフォロワーさんから頂いた株。 5月上旬に開花した。 夏はやや暑がって葉を落とすこともあるが、元気です。 かわいいね いわゆるイースターカクタスだが、 ハチオラ、ゲ氏孔雀、リプサリドプシス等、色々な名前で呼ばれている。 "Phoenix”…

2021年メモ_9_ミヌティフロラ

Tillandsia minutiflora 前はbryoidesと呼ばれていたやつ。 カクタスボーンについているので、レインフォレストから来たやつか。 よく混同されているが、 花茎が伸びるのがトリコレピス、伸びないのがミヌティフロラ。 サルファーイエロー 札落ちを適当な同…

2021年メモ_8_ブルボーサのアルバ

Tillandsia bulbosa forma alba 2002年にコスタリカで採取されたブルボーサの白色個体。 映えます ionantha ’Peach’の花粉をつけ、シードポットが出来た。 採取者の滝沢会長はイオナンタ ドゥルイドと掛け合わた交配種を作出したが、 白色個体は得られず、紫…

2021年メモ_7_カンポスポルトアナ

Rhipsalis campos-portoana 何度かこのブログの記事にしているが、また取り上げる、可愛いので。 下垂して成長するリプサリス。 リプサリスの中でも屈指の細さであり、 節の長さは10~20cm以上に達する。 性質は強健。 水切れにより夏場に萎れることがあるも…

2021年メモ_6_続コンニャクの件

Amorphophallus ongsakulii 先日のhenryiと一緒に小さな芋も貰った。 開花したのがこれ。 サイズ感が分かりにくいけど小指くらい 主張が激しいhenryiの花を見た後なので、 朧げで儚げで気に入りました。 展開するミニチュアサイズのコンニャク葉も面白い。 …

2021年上半期メモ_5_モナカンサム

Lepismium monacanthum subsp. monacanthum ボリビアあたりに自生するモナカンサムの基本種。 リプサリスのノリで接すると棘が痛い。 名古屋のイベントで買って、夜行バスで帰るときに 前のフックにかけてたら一晩チクチクした。 棘がないssp. espinosaとい…

2021年上半期メモ_4_ペンタプテラ

Rhipsalis pentaptera ブラジル リオデジャネイロの大西洋岸森林の低標高帯に自生。 自生地は現存しないといわれている。寂しいね。 リプサリスの中では大きめの花をつける 稜が発達し、節単位では比較的硬い。 これとは別に、稜が浅いタイプもあり、やや柔…

2021年上半期メモ_3_

Rhipsalis mesembryanthemoides Frankさんの本には、初心者向けのナイスなリプサリスと書かれているド普及種。 蒸れると一気に枯れこむので自分は少し苦手。 コルク付けで乾かし気味にすると、現地株みたいなワイルドさが出る。 フォトボックスを使うと写真…

2021年上半期メモ_2_コンニャクの件

今年の5月、某研究会の先輩より引き揚げ土産として、 蒟蒻芋が送られてきた。 1つ怒張していた 多肉やチラ、毒草に造詣が深く在学中色々とお世話になったが、 異国の地でコンニャクに傾倒することになった経緯は、 機会があれば聞いてみたい。 自分は、流行…

2021年上半期メモ_1

2021年上半期の森林サボテン、ブロメリアの開花についてメモを残す。 Epiphyllum 'George’s favorite' ディソカクタス系の交配種(Disocactus macranthus x 'Christmas Red') クジャクサボテンの豪華さはないけど、 細い花弁が面白い。 有孔ボードは便利 寒さ…

イエロードラゴン

パフェ(サンデー?)を作ろうと果物を買いに行き、ドラゴンフルーツを手に取った。 ドラゴンらしいフォルムからは想像つかない あっさりした味については、重々承知の上である。 赤皮白肉種 パフェのアイスや台湾パイン(めちゃうまい)に対して、 箸休め的…

焼きアーティチョーク

アーティチョークを食べたのでブログを更新します。 今年もアブラムシがすごい 去年は蒸しとカルパッチョで食べたが、 今年は焼いてみた。 刺さると痛い萼、花弁の先端を除く。 レモン汁と塩を入れて沸騰させたお湯にで5分茹でる。 茹でたものを半分にカット…

2021 リプサリスの開花

この時期といえば、何といってもリプサリスの開花なので、 去年、一昨年に引き続き、開花についての記事です。 soutyu.hatenablog.com soutyu.hatenablog.com R. neves-armondii うちには入手先が異なる2株があり、 2019年に初めて1株が咲いて、2020年にもう…

PuyaBill

Puya mirabilisが開花した際、冷蔵保存していたBillbergiaの花粉を受粉した。 結果としては失敗だったが、供養としてここに記す。 soutyu.hatenablog.com まぁ、最初からプヤ亜科とブロメリア亜科は無謀という気もしていたが、 ビルベルギア x プヤが作られ…

レッサーパンダと見せかけて蜂

日本ではここバナナワニ園でしか見られないニシレッサーパンダは、この暑さでぐったりしていた。 小屋の壁を素早く這う影に気づいて視線を向けると、アシダカグモ?2匹とハチがいた。蜘蛛が蜂を食べようとしているのかと思ったが、しばらく見てると逆だ。蜂…

属名の語源はマプチェ語

Puya mirabilisが開花した。 2017年ブロ協イベントでPuyaの種を配っている方がいて、 その時の種から育った株だ。 播種から3年で開花したことになる。 Puyaの中でもP. mirabilisは小型で成長が早い。 P. raimondiiでは、こうはいかないのだ。 微かに香りがあ…

ホワイトサポテをたべた

この前、ホワイトサポテを食べた。 ミカン科カシミロア属Casimiroa edulisの果実だ。 果実はミカン的な構造(アルベド、瓤嚢、砂瓤とか)ではなく、 薄めの皮に果肉、中心に種が2~3個存在する。 常温で追熟し、果皮に皺が寄って、 アボカドのように柔らかく…

アーティチョーク再び

去年、前回とレンチンで蒸したアーティチョークしか食べたことがなかったので、 今回は生に挑戦した。結果としてはこれが一番美味しい。 前回は握りこぶし2/3くらいの大きさだったが、 今回は握りこぶしの大きさで収穫した。 ひたすらがくを毟り、綿毛を露出…

アーティチョーク紹介ブログ

オザキの初売りに行って会員登録した際に花苗のプレゼントがあり、 面白そうだからとアーティチョークの苗を貰った。 2019年のことである。 育て方は知らないがバカでかくなることは何となく知っていたので、 半ば押し付けるように実家の庭に植えてもらった…

2020 リプサリスの開花

この時期といえば、何といってもリプサリスの開花なので、 去年に引き続き、開花についての記事です。 去年の記事。 soutyu.hatenablog.com Rhipsalis teres f. prismatica これは毎年咲くようになった。 花は小さく目立たないが、これはこれでよい。 Rhipsa…

台北にて(4年ぶり4回目)

タピオカ屋に並ぶ時間で本場に行こうということで、行ってきた。 到着して士林夜市に行き、適当に決めたジュース屋で飲んだら不味かったので、 店選びはしっかりした方が良い。 その後、twitterでおすすめされた店で飲んだら美味しかったので、 やはりそうい…

2019 屋外散策メモその1

今年の夏の暑さが一番ヤバかったころに、山の中をうろついていたので。 ギンリョウソウ よくクソ暑いときに出会うけど、このナリで暑いのは平気なのか。 ツチアケビ みんな大好き腐生ランのツチアケビ。残念ながら開花途中。 ブロメリア大好きなので。 何サ…

面影

Tillandsia cyanea x T. lindeniiが開花した。 2017年に入手した株だ。 花はすぐ萎れてしまうが、 花序の下から1つ1つ咲くため株としての開花期間は長い。 2018年10月から2019年1月まで現在進行形で開花中である。 そういえば、 Tillandsia cyaneaの学名がWa…

2019年1記事目

あけました 新年ということでリプサリスです。めでたい。 先日のR. prismaticaに続いて、R. ewaldianaも開花した。 うちでは初開花だ。 Rhipsalis ewaldiana 花の直径は2cm弱、 先日開花したR. prismaticaと比べて花弁が大きく目立つ。 果実はピンクになるら…

ころころ

往年の名機 ExpertMouse5 が現役だった。 現行のトラボはセラミック・人工ルビー支持の光学式ばかりなので、 ベアリング式を触るチャンスはあまりない。 ベアリング式を試したい人は「大町ダム情報館」へ。 ダムカードももらえるし。 おまけ 上野の「国立科…

プリ柳というボツ案はあったのだろうか

Rhipsalis teres f. prismatica いわゆる須磨柳が開花していた。 和名の須磨柳は、プリスマチカからきているのだろうか。 調べてもよくわからなかった。 長枝の断面は円形でアレオーレは極めて少ない。 一方、短枝の断面は4角でアレオーレが密集している。 …

雑記

最近のことなどメモっておく。 キーボード関連 イベント Tokyo Mechanical Keyboard Meetup Vol.5に参加したり、 自作キーボードもくもく会 #2に参加した。 もくもく会でスムースエイド塗ったALPSピンク軸で何か作りたい。 もくもく会でALPSオレンジ軸を持っ…