読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草生やす

育てていたりいなかったりする草のことについて書いたり書かなかったり。

パッとしない3

パッしなかった作物シリーズ、最終章キュウリメロンについて書く。
 
キュウリメロン Melothria scabra
初夏に国内業者に注文したが、検疫で色々あったようで
届くまでにかなり時間がかかった。これで蒔くのが少し遅れてしまった。
種まき後はすぐに発芽し、発芽率はよかった。
蔓を伸ばし始めてからはコンテナで行燈仕立てにした。
 
他のウリ科よろしく、雌雄同株で雌雄異花である。やたら小さい。

f:id:soutyu:20161204173353j:plain

最初は雄花をちぎって人工授粉していたが、
細かいし虫も花に飛んでくるので途中からやめた。
やめた後も実がなっていたので虫がいればやらなくてよい、面倒だ。
 
膨らみかけ。

f:id:soutyu:20161204180152j:plain

収穫間際。

f:id:soutyu:20161204180307j:plain

ハーヴェスト。

f:id:soutyu:20161204180501j:plain

切断。

f:id:soutyu:20161204180559j:plain

 
味に関しては、ちょっと期待しすぎたというか。
確かに酸味はあるがライム風味というよりは酸っぱいキュウリ風味。
コリっとした歯ごたえは楽しいが、皮が口に残る。
 
ただ、キュウリメロンとして楽しめば楽しい。
甘いキュウリが食べたければ蜂蜜でもかければよい。

cookpad.com  つくれぽが0でかわいそう。

 

6~7個収穫した後、
8月の本格的な暑さ以降はほとんど実をつけなくなってしまった。
ピクルスにするという方法もあるらしいので、
来年もスペースが取れれば蒔こうか。
 
以上。