草生やす

育てていたりいなかったりする草のことについて書いたり書かなかったり。

2021 リプサリスの開花

この時期といえば、何といってもリプサリスの開花なので、
去年、一昨年に引き続き、開花についての記事です。

soutyu.hatenablog.com

soutyu.hatenablog.com

R. neves-armondii

うちには入手先が異なる2株があり、
2019年に初めて1株が咲いて、2020年にもう1つの株が初開花した。
開花して気づいたが、花の中心、雄しべの色が赤い株と黄色い株がある1
同じ環境下で育てているが、
黄色の方が枝がやや細く分岐しやすい印象がある。

f:id:soutyu:20210124181852j:plain
今年、初開花した株。黄花タイプとする。

f:id:soutyu:20210124181828j:plain
去年の写真。赤花タイプとする。

R. mesembryanthemoides

混迷極めるリプサリス同定の中でも一番わかりやすいやつ。
白花。今年も結実せず。

f:id:soutyu:20210124182106j:plain

R. ewaldiana

毎年咲く。
強光下だと赤みがかかって、弱光下だと白花になるという報告がある2
うちでは毎年赤みがかった花になるので、株分けして屋内栽培鉢を作っても面白そうだ。
今年も結実せず。

f:id:soutyu:20210124181910j:plain

どいつもこいつも結実しねぇ……
以上。