草生やす

育てていたりいなかったりする草のことについて書いたり書かなかったり。

ホワイトサポテをたべた

この前、ホワイトサポテを食べた。
ミカン科カシミロア属Casimiroa edulisの果実だ。

果実はミカン的な構造(アルベド、瓤嚢、砂瓤とか)ではなく、
薄めの皮に果肉、中心に種が2~3個存在する。

常温で追熟し、果皮に皺が寄って、
アボカドのように柔らかくなったら食べごろである。

f:id:soutyu:20200704081118j:plain
まだ早い

f:id:soutyu:20200704081144j:plain
よし

果肉は白~クリーム色で、
食感はバンレイシのように柔らかく、肉質はより滑らか、
甘味が強く酸味はほとんどない。
皮付近に若干苦みを感じる。
さわやかというか青臭いというか、
どちらにしても香りは弱い。

f:id:soutyu:20200704081240j:plain

唐突にレビューしますけど、☆☆☆★★
果物には酸味が必要、というのは譲れないところです(申し訳ないが柿はNO)。
レモンやライムを絞るマンゴー的ムーブをやってみたのですが、
ライムを絞るとライムの香りに圧倒されて、
何喰ってんだか分からなくなる、美味しくはありますが。
香りも重要だなと気づかされました。
わざわざ取り寄せるのはアレだけど、
近所のスーパーに置いてあったらリピしちゃうかも~

以上。