読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草生やす

育てていたりいなかったりする草のことについて書いたり書かなかったり。

どれもパッとしなかった

ヒマ、エアーポテト、メロンキュウリ。
今年育てていた植物だ。今回はヒマについて書く。

ヒマ Ricinus communis 'New Zealand Purple'
New Zealand Purpleという品種は光沢をもった紫の葉がかっちょいー。

f:id:soutyu:20161112112702j:plain

最近、寒くなってきたがまだ枯れていない。
花は少し咲いたものの実はつけずに終わりそうだ。蒔いた時期が遅かったのだろうか。
毒を持つわりにバッタの食害を受けたりもした。

f:id:soutyu:20161112112741j:plain

以前、小石川で地植えの株が結実していた。関東でもいけるはずだ。

f:id:soutyu:20161112112751j:plain

これは今年バヌアツで見た株。

続く。

hyb

そろそろ屋内に取り込もうか悩む気温になってきた今日この頃、
可愛らしい花が一輪咲いたのでブログ書きます。

Tillandsia crocataの交配種?f:id:soutyu:20161016220145j:plainこれは開花当日の朝。
花弁がまだ開いていない。

f:id:soutyu:20161016220231j:plain七分咲きといったところか。オレンジ色に紫の細かなドット※1が入っている。
翌日は満開となりより明るい黄色になった。写真はない。
この株は買った年に寒さで成長点が1つにしてしまい、
そこから立て直せたので嬉しい。

クロカータの血か、香りもよい。
葉の感じからもう片方の親はT.usuneoidesではないかと思う※2。 

 

※1: Diaphoranthemaもドットが入っているものが多いが、crocataはPhytarrhizaだ。
※2: tristisのときも書いたけど‘Old Man's Gold’に似てる。

 

以上。

キャビア

ネオレゲリアが開花した。
いくつか育ててきたが、タンクブロメリアを開花させたのは初めてだ。

Neoregelia 'Caviar'

f:id:soutyu:20160930011756j:plain

2015年に台湾で買うてきた株だ。

 

soutyu.hatenablog.com

強めの紫の斑が素敵(今はそうでもない)。
花は開花して1日で萎れるが、次々と数日間は咲く。

別の株が咲いていれば交配したかったね。

以上。

土砂流出後の渓流には死んだサワガニを見かける

タイトルが今日の気づきです。

f:id:soutyu:20160919222825j:plain

f:id:soutyu:20160919222959j:plain

カニだけだと寂しいので。

f:id:soutyu:20160919223107j:plain

キツネノエフデ Mutinus bambusinus  スッポンタケ科
先っちょが臭い。
キツネノロウソク激似ですが、
先っちょと茎がはっきり分かれていないのでキツネノエフデと判断できる、多分。
属名のMutinusは男根の神?(ローマ神話)から来てるそうな。
余談ですが、スッポンタケ属の属名もPhallusで男根そのものなので、どうかと思う。
 
f:id:soutyu:20160919223242j:plain
サンコタケ Pseudocolus schellenbergiae アカカゴタケ科
3本の何かに囲まれた内側が臭い。
キツネノエフデもそうですが、胞子入りの粘液「グレバ」が臭い。
急いでいたのでどっちも嗅がなかった。今となってはちょっと嗅ぎたい。
 
以上。

ビンロウよりは明確に効いた

kavaの話をする。
 
先日、南太平洋シェパード諸島の火山島上に位置する共和制国家に行く機会があり、
地球の歩き方を読み込んでいるとkavaという向精神作用ドリンクの記述が目に留まった。
 
kavaはコショウ科の仲間 Piper methysticum ※1の根を
乾燥、粉末にして水に溶かしたものだ。
昔は祭事や儀礼に飲用したようだが、近年は嗜好品として親しまれている。
 
タクシー運転手の数人にkavaについて聞いてみたところ、
毎日飲用する人や週末のみ楽しむ人等色々だったが、
皆アルコールよりも良いと答えていたのは興味深い。
酒はハイになるが、kavaはリラックスできるとのこと。
 
宿の息子に頼んでkava barに連れて行ってもらう。
素人一人で乗り込むのは結構勇気がいる雰囲気だ、とにかく暗い※2。
f:id:soutyu:20160830001834j:plain

f:id:soutyu:20160830001920j:plain

泥水だ。これで100vt。
味は漢方薬っぽく全く飲めないというわけではない。
一気に飲むことが作法と言われたが、
腹いっぱい食べた夕食と若干の緊張で気持ち悪くなり、
ちびちび40vt分くらい飲んだところで捨てた。
 
飲んでいる最中から舌と唇がしびれて感覚が無くなってくる。
歯医者で塗布麻酔を受けた時のような感じだ。
案内してくれた彼にキマってきたと伝えたところ、
座って待ってろと言われ、ぼーっと南十字星を見ていた。
確かにリラックスできるような気がした、
40vt分しか飲んでないので雰囲気によるところもあったかもしれないが。
彼の話では、6杯飲んだ時はぶっ倒れたそうだ。また、二日酔いもあるらしい。
 
座っていると彼がタロイモタルトとバナナケーキを買ってきてくれた。
軽食をつまみながらリラックスし、何度もkavaを飲むのが嗜みらしい。
kavaの味がこれらの食べ物と合うわけではない。
 
今回は1杯で引き上げた。その日はぐっすりと眠ることができた、気がする。
唯一の心残りは、Piper methysticumの苗を見られなかったことだ。
 
 以上。
※1:種小名 methysticum のmethysticはintoxicatingの古い言葉。
※2:evernoteの写真編集使った、ブロガーっぽい。
 
 

ディアフォランテマ結実4種

ディアフォランテマたちが結実していた。

Tillandsia caliginosa

2輪開花して1つ結実した。夏も調子を崩す様子はない。
写真が悪い。

f:id:soutyu:20160828113349j:plain

Tillandsia bryoides

ディアフォランテマの中でもかなりの小型種。

f:id:soutyu:20160828113534j:plain

f:id:soutyu:20160828113656j:plain

うちのは花弁が開かないタイプ。もっと花弁が開く株をネットで見たことある。
塵が写っている、写真が悪い。

bryoidesってのはコケのようなって意味。古ギリシャ語でbryonはコケの意。

Tillandsia tricholepis

たびたびブログに書いている株だが、今年も順調に開花、結実、分岐しそう。

f:id:soutyu:20160828113905j:plain

 

Tillandsia retorta

こいつは今年輸入した株。花を見た覚えがないので輸入前に咲いて結実したようだ。
まだいまいちよく分からない株だ。

f:id:soutyu:20160828114302j:plain

 

ブリオイデスとトリコレピスはコルクに実生してワチャワチャさせたい。

以上。

 

 

 

 

ソース求ム

結局のところ、クロカータなのかカリギノーサなのかっていうのがありますが、
私は大きさから見てクロカータだよ派です。花の色もはっきりと異なるものね。

 

soutyu.hatenablog.com

 

Tillandsia crocata var. tristis

f:id:soutyu:20160813015108j:plain

目を引く黄色がとても良い。

 

ところでこいつ似てない?

以上。

 

○追記

同じ種でも花の色は結構多様なので、花の色が違うからと違う種類というのはアレ。